一橋大学商学研究科 ファイナンス研究センター

English
Loading
リサーチ

2012年度2013年度

2012年度
米山高生『リスクと保険の基礎理論』同文舘出版

Takau Yoneyama, “Japan: The role of insurance in the rapid modernization of Japan,” In: Peter Borscheid and Niels Viggo Haueter ed., World Insurance: The Evolution of a Global Risk Network, Oxford University Press, pp.495-521.

Yamamoto, S., Yoneyama, T., and W. Jean Kwon, “An Experimental Study on Adverse Selection and Moral Hazard, Hitotsubashi Journal of Commerce and Management, Vol.46, no.1, pp.51-68.

福川裕徳『監査判断の実証分析』国元書房

中野誠・高須悠介、「利益平準化行動がアナリスト予想と固有株式リターン・ボラティリティに及ぼす影響」『金融研究』(日本銀行)、第31巻第4号、175-214, 2012.

中野誠、「リスクテイク行動と企業価値」、『企業会計研究のダイナミズム』、伊藤邦雄編著、中央経済社、325-343

Takasu, Yusuke, and Makoto Nakano, "What do Smoothed Earnings Tell Us about the Future?" The Japanese Accounting Review, Volume 2, 1-33, 2012.

Nakano, Makoto, and Pascal Nguyen, "Board size and corporate risk-taking: Further evidence from Japan," Corporate Governance: An International Review, Volume 20. Issue 4. 369-387, July 2012.

楠岡成雄、高岡浩一郎「確率論と数理ファイナンス」、渡辺信三、重川一郎編『確率論ハンドブック』丸善出版、第14章、pp.517-537

小西 大「新規株式公開企業による調達資金使途に関する分析」 『現代ファイナンス』 No.32、33-54.(中嶋 幹、鈴木健嗣と共著)


▲ このページのトップへ戻る